探偵の調査責任の所在について

探偵選びのポイント【責任の所在】

探偵を選ぶ際にとても重要な事なのにちょっと見過ごされがちなことが、

 

「探偵の責任の所在」

 

についてです。

 

 

探偵社に連絡した場合、近くの喫茶店やホテルのロビーなどで待ち合わせし相談することって非常に多いことです。

 

これ自体は大した問題ではありませんが、

 

「探偵事務所内では会ってもらえない」

 

ってことです。

 

事務所の場所が非常に遠い場合もありますが、責任の所在をあいまいにするために、探偵事務所の所在地を明らかにしていない探偵社も多く存在しています。

 

最近では、フリーランスの探偵に依頼して安く上げようなんて人も出てきていますが、それこそ責任の所在が不明瞭な場合も多いだけでなく、調査や、報告書の信頼性も低く、安くても全くダメだったって事のなりかねません。

 

探偵の調査は場合により裁判の有用な証拠にもなるものです。

 

そういった場合に曖昧なことにならないよう、責任の所在・事務所の場所がハッキリしており、事務所での面談を断らないような探偵社を選ぶことが重要なポイントの一つになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵コラム調査責任
探偵による浮気調査の結果、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。パートナーが信用できなくなってしまうとこの先の長い時間を一緒に過ごすことはそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求したならば間違いなく別れさせられるはずです。GPSが繋がるものを使って、頻繁に行く場所を調査して、その近所をウロウロしていれば、必ず相手はやってくるはずなので、浮気の証拠をつかむことができると思われます。懐具合が心もとないときには、GPSで調べるだけでも、様々なやり方の選択肢の一つです。その機械を付けている事がわかってしまう事もあります。飲食店を利用した際の領収証にはお通しの注文数から同席していた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は月々チェックするようにします。仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、同伴者がいたと推測される場合があるでしょう。相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気をした、されたといって離婚などそう簡単にすることなどできません。養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。反対にそれが男性の場合でもまた同様で仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚したならば、別れるべきか否か選択に困りますよね。そうならないように、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、一度考えてみてはいかがでしょうか。法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、離婚してしまうのも一つの案です。不倫の問題を相談するなら弁護士に相談するようにしましょう。離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかを考えてから相談するようにしましょう。不貞の証拠を掴みたい場合には、探偵や興信所に相談するべきです。相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、後で噂になりたくないなら、絶対にしてはいけません。結婚している相方が、浮気しているときでも今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気している現場に直接行くことはやらないほうが無難です。浮気していることを指摘された結果、妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、夫婦関係が修復不可能になることもあります。その上、浮気相手との会話によって精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。事前に成功報酬と言われていても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日間だけ浮気をしていなければその調査に関しては成功ということになります。実際に浮気があったとしても、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査は完了し、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査が成功しなければ調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。そのようなこともありますので、成功報酬のシステムだからと言って、浮気調査にかかる費用が必ず安くなるなんてことはありません。調査に対する実績なども確認して、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼すれば心配ありません。どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、普通は3~4日が目安です。しかしこれはあくまでも一般的なケースです。調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあるのです。逆に、浮気する可能性の高い日が調査の前に分かっていれば、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。